アレグラ120mgと180mgの画像

アレルギー性鼻炎の人は鼻水や鼻が詰まって食べ物を食べても味があまり分からずイライラする人もいると思います。これは自律神経のバランスが崩れているのが原因とされています。改善するには生活を改めること、アレグラなどのお薬の服用も重要です。

黄砂やとうもろこしで起こるアレルギーもアレグラ

人間は体に有害な物質が体に侵入すると、それを拒むためにアレルギー症状を引き起こします。アレルギー症状を起こす原因となる物質は体に悪い影響が出ると問題になっている黄砂などにも含まれており、日常で食べるとうもろこしなどの食物の中にも含まれています。目や鼻などか有害な物質が入ると、目の痒みや鼻水やくしゃみなどの症状が出ます。食物を介して有害な物質が入ると、湿疹などの皮膚疾患の症状が出ます。これらの症状を抑えるには、抗ヒスタミン剤であるアレグラがよく効きます。
アレルギー症状が起きてしまうのは、有害な物質が入るためだけではありません。ヒスタミンという人体にある物質の存在が深く関わっています。ヒスタミンは人間の思考力をアップさせる効果、食欲と睡眠欲をコントロールする効果がある物質です。分泌量が安定している状態であれば支障はないのですが、大量に発生してしまうと有害な物質とくっついてしまいやすくなり、それによりアレルギー症状が起こってしまうのです。抗ヒスタミン剤のアレグラは体内でのヒスタミンの過剰な分泌を抑える効果があり、有害な物質との結びつきを阻害しアレルギー症状を起こさないようにしてくれます。体に起こる様々なアレルギー症状は、アレグラを服用することでどれも改善することができます。
抗ヒスタミン剤の多くは欠点として、眠たくなるという副作用があります。ヒスタミンは脳で分泌されるので、その抑制のために脳の動きも抑えられ眠気を感じてしまうのです。アレグラはヒスタミンの抑制に対して、脳の動きまで抑制しないよう開発されています。ですので、服用しても眠気が問題となることがありません。眠気が心配で抗ヒスタミン剤を服用できなかった方でも、アレグラは心配することなく使えます。