アレグラ120mgと180mgの画像

アレルギー性鼻炎の人は鼻水や鼻が詰まって食べ物を食べても味があまり分からずイライラする人もいると思います。これは自律神経のバランスが崩れているのが原因とされています。改善するには生活を改めること、アレグラなどのお薬の服用も重要です。

夏の日差しに注意|栗アレルギーとアレグラ

5月~9月にかけて、日射量が多くなります。薄着になる時期でもあり、紫外線を浴びる量も多くなります。
夏の紫外線は特に、日光アレルギーの原因になることがあります。日光アレルギーは、日光を浴びた直後やしばらく経ってから、皮膚のかゆみや炎症などを伴うアレルギーです。
普段日に当たらない人は、症状が重く出ることが多いです。また、一度発症すると日を浴びるたびに症状を繰り返してしまうのが特徴です。
対策としては、紫外線をできるだけ浴びないようにします。UVAをカットするクリームを塗り、夏でも長袖長ズボンを着用するようにしましょう。それでもアレルギー反応が起きてしまう場合には、UVA対策のメガネ、帽子、手袋、などを利用すると症状が抑えられる可能性があります。
皮膚のかゆみなどが起きてしまった場合には、対処療法としてアレグラが使えます。アレグラはかゆみや炎症を引き起こす原因になるヒスタミンの働きを抑える薬です。
服用して使えるタイプで、予防薬ではなく症状が出てしまってから使う薬です。
食物アレルギーでは、栗アレルギーもあります。栗の実を食べたときだけではなく、木や花、匂いを嗅いだだけで反応が起きてしまうこともあるので、厄介です。
症状として多いのは、全身や体の一部の赤み、かゆみ、ただれ、発疹などの皮膚症状です。そのほか、ひどくなる吐き気、嘔吐、頭重感を伴うこともあります。
木に近づいたときに、花粉症のようなくしゃみ、鼻づまり、鼻水などが生じることもあります。
治療のためには、栗を食事から除去するようにします。加工食品に使われているものも、摂取を避けるようにします。また、接触しただけでも症状が起こることもあるので、直接触れないようにしましょう。