アレグラ120mgと180mgの画像

アレルギー性鼻炎の人は鼻水や鼻が詰まって食べ物を食べても味があまり分からずイライラする人もいると思います。これは自律神経のバランスが崩れているのが原因とされています。改善するには生活を改めること、アレグラなどのお薬の服用も重要です。

カニが原因でできた蕁麻疹はアレグラで対策

高級食材であるカニは美味しい物ですが、食べるとアレルギー症状が起こり蕁麻疹が発生する場合があります。甲殻類は食物アレルギーの原因となることが多い食べ物ですので、その甲殻類であるカニもアレルギーを起こしやすいのです。食物アレルギーで発生してしまった蕁麻疹は、何らかの薬で対策しなければ早く治りません。カニを食べて蕁麻疹が出てしまったら、そのままにはせずに薬を飲むなどしましょう。

食物アレルギーで起きた蕁麻疹を治すのに効果的な薬は、医療機関でアレルギー症状を抑える薬として処方されるアレグラがおすすめです。アレルギー症状を抑える薬は副作用として、強い眠気を引き起こすことがよくあります。ですが、アレグラは服用しても眠くなるないので、用事で体を休められない状況の方には特に向いている薬です。この薬は飲んで1時間もすれば効果が出てくるので、消えにくい蕁麻疹でも早めに治すことができます。

アレグラがアレルギー症状の改善に効く理由には、ヒスタミンという物質の存在が関係しています。ヒスタミンは人間の食欲と睡眠欲を安定させる働きがあり、集中力を高めてくれるという効果もあります。ただし、体内での分泌量が多いとヒスタミンは、アレルギー症状を引き起こす原因にもなるのです。アレグラはヒスタミンの分泌量を抑える作用があり、ヒスタミンの量を抑えることでアレルギーの症状も抑えてくれます。食物アレルギーで起きた蕁麻疹などの皮膚疾患の他、鼻炎や花粉症といった症状にもよく効きます。

食物アレルギーが原因で発生した蕁麻疹は、皮膚に出始めた段階で医療機関を受診してアレグラを処方してもらうようにしましょう。早めに飲めば、その分だけ蕁麻疹の改善が早まります。