アレグラ120mgと180mgの画像

アレルギー性鼻炎の人は鼻水や鼻が詰まって食べ物を食べても味があまり分からずイライラする人もいると思います。これは自律神経のバランスが崩れているのが原因とされています。改善するには生活を改めること、アレグラなどのお薬の服用も重要です。

アレグラの後発医薬品や免疫療法で花粉症の症状を軽減

花粉症やアレルギー性鼻炎といったアレルギー性疾患は、身体の免疫機能が花粉などの本来は害の無いものに対して過剰に反応することで、鼻水や鼻づまりなどの症状が起こっています。
そのようなアレルギー性疾患用の薬のひとつにアレグラがあり、アレルギーが起こった時に免疫系の細胞から放出されるヒスタミンという物質の働きを抑えることで、体のあちこちで炎症が起こることを抑え、結果として鼻水や鼻づまり、くしゃみといったアレルギー症状を改善出来る薬となっています。
アレグラの有効成分はフェキソフェナジンと言いますが、後発医薬品(ジェネリック医薬品)が多く発売されており、病院で薬を処方される時にアレグラの後発医薬品を選べる場合があります。
後発医薬品は先発医薬品の特許期間が満了した後に同じ有効成分を使って作られる薬のことで、開発費が先発医薬品に比べて大幅に節減出来るため、薬の価格が安く提供されており、患者さんにとっても国にとっても安い医療費で利用出来る点がメリットとなっています。
後発医薬品は先発医薬品と比べても、薬の効果はほぼ同じ位のものが期待出来るので、花粉症などの治療でアレグラの後発医薬品が選べる場合はそちらを使ってみてはいかがでしょうか。
さて、アレグラはアレルギー性疾患の症状を抑えられる薬ですが、そのような抗アレルギー薬とは違ったアプローチでアレルギーの治療をしようとするのが、アレルゲン免疫療法です。
アレルゲン免疫療法は、減感作療法と呼ばれていることもあり、患者さんにアレルゲンを少量から投与し続けることで、体をアレルゲンに慣らしてアレルギー症状を軽減する効果を期待して行われる治療法です。
アレルゲン免疫療法を行えば必ず花粉症やアレルギー性鼻炎が治る訳ではなく、期間も3~5年かかりますが、症状を改善したり抗アレルギー薬の量を減らせる場合があるので、興味がある人は病院でこの療法について相談してみましょう。