アレグラ120mgと180mgの画像

アレルギー性鼻炎の人は鼻水や鼻が詰まって食べ物を食べても味があまり分からずイライラする人もいると思います。これは自律神経のバランスが崩れているのが原因とされています。改善するには生活を改めること、アレグラなどのお薬の服用も重要です。

いちじくアレルギーとは?サプリとアレグラで症状改善

シラカバ花粉症になると、果物アレルギーを発症しやすくなります。
シラカバの花粉と、果物のたんぱく質が似た構造をしている場合に免疫システムが誤作動して果物アレルギーが起こります。シラカバは北海道に多く自生しているので、北海道の人は果物アレルギーになりやすいと言われています。
花粉症持ちの人は、いちじくに対してもアレルギー反応を起こしてしまう可能性があります。また、ラテックスアレルギーを持っている人はいちじくに反応しやすいです。
花粉やラテックスのアレルゲンの構造が、果物に含まれているたんぱく質に似ていることが原因です。
いちじくを食べた時に唇や口の中がかゆくなったり、しびれたり、痛くなるなどの口腔アレルギーがあらわれます。じんま疹や嘔吐といった症状が出たり、ひどくなると呼吸困難やアナフィラキシーショックを起こすこともあります。
じんま疹は抗ヒスタミン薬のアレグラを使うことで、症状を緩和することができます。アレグラはヒスタミンの働きを抑えることで毛細血管や神経への刺激を抑えるので、症状が改善されます。
ただし、アレグラは対処療法なので、根本的に改善するには体の免疫システムを整えることが必要です。アレルギーによっては、サプリなどで症状が出にくい体に変えられる可能性もあります。
アレルギーに有効と言われているのは、乳酸菌サプリです。腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えることで、免疫機能が正常化される場合があります。
腸は免疫システムを担っているので、腸内環境を整えてあげれば免疫が正常に働き、本当に必要な時以外は誤作動しなくなるというわけです。
乳酸菌は腸内の善玉菌の一種で、これを補ってあげることで体質改善できる可能性があります。